たつぼうの今まで経験してきた事(お金稼ぎ、思考法、投資関連、日々の出来事、その他)を好きな時に好きなだけ書き綴るブログです。

評価をもらう為のアクションを起こす

sma-article05-img01

さて、今回はAmazonアカウントの

評価を上げる為に必要なアクションを起こす方法を

書いていこうと思います。

 

Amazonでは評価というものがあります。

それはその出品者が質が高いかどうかの秤になります。

下記の画面が評価の部分です。

スクリーンショット 2016-05-21 16.13.49

 

自分が販売している商品が粗悪品だったり、

商品発送が遅かったり、キャンセルなどが多いと

低評価が付き、アカウントの質が悪くなります。

 

逆に商品の質も良くて、発送も早く、

キャンセルしてないなどしていれば

良い評価が付いてアカウントの質が良くなります。

 

これは人の心理上、良い評価というのは付きづらく

悪い評価というのはすぐについてしまうものです。

 

ですので、普通に運営していると

悪い評価の方が良い評価より付くことがあります。

 

大体、良い評価の場合には10個商品が売れて

1の評価が付く位の割合になっています。

 

これはあくまでも目安なので、

これより早い場合もありますし、

これより遅い場合もあります。

 

ですが、Amazonには購入者に

評価を付けてもらうように促す

評価リクエストというのがあります。

 

その機能を使うことによって

評価を購入者から貰うことが可能です。

 

そうすれば普通に運営しているより、

早く評価が貰えるようになりますので、

是非、この方法を実践してみて下さい。

 

まずは、Amazonアカウントの

トップページに行きましょう。

1

 

トップページに行ったら、

上のメニューに注文という項目があるので、

そちらにカーソルを合わせるかクリックすると

注文管理という項目がありますので

そちらにクリックして行ってください。

 

スクリーンショット 2016-05-21 16.39.46

次にこのような画面になります。

個人情報が記載されている部分は加工により消しています。

通常ならここに購入者の情報が載っています。

 

赤い矢印の部分に購入者に連絡とあります。

その右に購入者の名前がかいてあるのですが、

そちらの名前をクリックして下さい。

 

スクリーンショット 2016-05-21 16.35.17

そうすると購入者にメッセージを送れる画面になります。

件名の部分に件名が選択出来るので、

その中に評価のリクエストがあるのでそちらを選んで下さい。

 

その件名にして、評価リクエストの依頼文章を記入して

購入者にメッセージを送信すれば完了です。

 

このメッセージを送ったからって

100%評価を貰えるわけではありませんが、

何もしないよりかは貰えるようになります。

 

あと、決して良い評価だけではないので

そこは注意していくといいかなと思います。

 

この商品は絶対いい商品がと思うものであれば、

その商品が購入される度に送ってもいいと思います。

 

怪しい商品の時に送ってしまえば、

殆ど低評価の場合がありますので、

見極めてやるのがいいですね。

 

この方法を取り入れて、

評価数をガンガン増やしていって下さい。

 

それでは今日はこの辺で。

 

たつぼうより。

この記事を書いた人

たつぼう(いとうたつや)
たつぼう(いとうたつや)
倉庫の日給1万円程度の派遣アルバイト。

そんな中、ネットビジネスの存在を知って
多数の事に手を出しつつやっていたら、
月商100万超えを達成してしまう。

しかし、余裕で生活できるレベルの収入を
稼いだからこそ分かる悩みが...

その後、災難に見舞われ収入が0に...


それからは自分が本来求めている理想へと
近づけるように試行錯誤しながら、
色々なビジネスをプレイヤーとして活動中。


何か問い合わせがありましたら、
下記よりお願いいたします。

http://a-life01.xsrv.jp/2016/05/464%20/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 02日
コメントは利用できません。

ブログ運営者

IMG_0653

H.N → たつぼう
すみっこぐらしが大好きです。

20歳 日給1万円の派遣アルバイト。
21歳 ネットビジネスに参入。
23歳 月商100万達成、月収にして70万超え。
23歳 Amazonアカウント停止、情報販売撤退。
24歳 中国輸入転売で月商83万達成
現在 広告代理

今後もプレイヤーとして生きていたい願望が強いので、色んな事業に参入し自分を高めていこうと考えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter